モチベーションを維持しにくい

実践が必要な研修はどうするか

会社で仕事をする前に研修を受けるときがあるでしょう。研修方法にはいくつかありかつてであれば研修施設で講師と研修を受ける人が直接対峙して受けるスタイルが一般的でした。最近はもっと簡易的に研修が受けられるよう通信教育方式が取り入れられています。テキストなどを受講者に配って読んでもらうものもあれば、ネットから動画による講義を受けるものもあります。通信教育で行う研修においてはもともと座学で行えるものであれば代替えができそうです。しかし実際に体を動かしたり行動が必要なものだと身につきにくい可能性があります。できていないとしても厳しく注意されないので、研修時のモチベーションを保てない受講生がいるかもしれません。

継続的な研修が必要な時

仕事の中には同じ仕事でもやり方やルールが変わるものがあり、変更されたときは変更後のルールに則って行う必要があります。ルール変更などがあるときは経営者は事前に研修を行って、すべての社員が変更後のルールに則って業務を行えるようにするでしょう。その研修を行うために一つの場所に該当者を集めて行えば研修を受けていない人を出さずに済みます。ただ該当者が多かったりルール変更が頻繁にあるときはその度に集まるのは非効率なので、通信教育を使って各自で研修内容を学んでもらうのが良さそうです。全く新しい内容なら通信教育でもそれなりに気合を入れてもらえるでしょうが、内容確認など継続的に行われる研修だとモチベーションが上がらず受けない人が出てくる可能性があります。研修の結果がわかるテストを実施した方が良いでしょう。