低コストで場所や時間の制約なく受講可能

オフィス内にいる時間が短い社員も学習に取り組みやすい

通信教育を使った人材育成研修は、学習のモチベーションを保つのが難しいものの、オフィス内にいる時間が少ない社員も、手が空いた時間を使って受講できるという長所があります。また、パソコンを利用して苦手な箇所を繰り返して学習することもできるため、各企業の人事や総務の担当者にとって、ビジネスマナーや専門分野の知識の習得をするうえで理想的なツールとしてみなされるようになっています。最近では、基本的な社会人のマナーの習得から職種ごとのスキルアップまで様々な目的で活用できる通信教材が続々と登場しています。そうした中、使い勝手が良い教材を用いて人材育成研修を進めるうえで、研修対象者の個々の年齢やキャリア、職種などを日ごろからきちんと把握しておくことが大事です。

研修に掛かるコストを大幅に節約することもできる

民間企業や官公庁をターゲットとした通信講座の中には、一回あたりの導入費用がリーズナブルなものが多くあり、外部の専門の講師を指名する場合と比べて大幅なコストカットを図ることができます。また、研修の対象者の人数を絞ったり、年間の集合研修の回数を減らしたりすることで、出費を最小限に抑えることが可能です。コストパフォーマンスが良い通信講座の種類については、ビジネスに関するポータルサイトや情報サイトなどで度々特集が組まれることもあります。そこで、費用対効果に目を向けながら人材育成研修に適した通信講座を選びたい時には、早いうちから色々な媒体を活用して、多くの職場で導入が進んでいる講座を探してみると良いでしょう。